優れた特徴

ウインドウフィルム マルチレイヤーNanoシリーズ

1.明るさはそのまま。 窓から遮断するのは、紫外線と赤外線!遮熱フィルムを貼っていない窓ガラスの大きな問題。

イメージオフィスでも個人宅でも、もっとも熱の出入りが大きい場所は窓といわれています。
窓から入る直射日光は、遮熱フィルムを貼ってない窓ガラスをそのまま通り、部屋の奥まで差し込んで室温をぐんぐん上昇させてしまいます。太陽光線は、紫外線が5%、可視光線が45%、赤外線が50%。この中でも紫外線は、家の中にいても肌の日焼けを引き起こしたり、家具などの大切な家財を色褪せさせます。また夏場は窓からの赤外線により、部屋の温度がまたたくまに上昇し、エアコンを常時運転させながら、適温に保たなければなりません。エアコンで調整しないと、部屋の中にいても熱中症になるケースもあるくらいです。

そこで、これらを防ぐために遮光カーテンを引いたり、ブラインドをおろしたりして、冷房効率を上げたりしますが、そうすると部屋の中が暗くなり、照明をつけなければならない場合もでてきます。いくら遮熱のためだからといって、部屋が暗くなるのは嫌だ…という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

このように、真夏日の続く夏場は、遮熱フィルムを貼っていない窓ガラスから差し込む日差しは大きな弊害です。
電力不足などが危惧される昨今の日本においては、省エネを強く意識しなければならない夏。
遮熱フィルムの需要が、年々高まっています。

ウインドウフィルムなら明るさをキープ

紫外線、可視光線、赤外線遮断図窓から入ってきた日光の中で室内の温度を上昇させるのは、主に可視光線赤外線
可視光線をカットしてしまうと室内が暗くなってしまいますので、窓用フィルムで紫外線や赤外線のみをカットし、可視光線だけを通過させることが理想です。
マルチレイヤーNanoシリーズのウインドウフィルムは、肌に有害な紫外線を99%以上、赤外線を90%以上カットする理想的なウインドウフィルムです。

紫外線と赤外線を遮断

 

2.熱線を90%以上カットし、 快適な室内に変えるウインドウフィルム高齢者やお子様の部屋の直射日光にご注意を。

イメージ室内の温度を上昇させる熱線(紫外線と赤外線)。
真夏になると朝から室温はぐんぐん上昇してしまいます。

夏場は特に、熱線をカットすることが必要です。室内にいても熱中症は引き起こりますので、体温コントロールがご自身で行き届きにくい、ご高齢者やお子様がいるお部屋では、特に注意が必要です。そこで、子供部屋などの窓ガラスには、遮熱フィルムを貼る事をおすすめいたします。遮熱フィルムを貼る事により、効率よく室温コントロールができるのです。


熱線を90%以上カットするウインドウフィルム

遮熱ウインドウフィルムは、室内の明るさはそのままで、熱線(紫外線と赤外線)だけを90%以上カットします。そのため、室内で涼しく快適に過ごすことができます。特に、日当たりの良すぎる窓や、高齢者や子供が遊ぶ室内の窓ガラス、日焼けさせたくない大切な家財のある部屋などに貼る事をおすすめいたします。

熱線を90%以上カット図


3.窓ガラスにフィルムを貼れば、 夏の気温ピーク時も温度が上昇しにくい!気温のピーク時に効果的な省エネ・節電対策を!

夏の電力ピークは13時~15時と言われています。
気温がピークに達した時間帯に、午前中からつけていたエアコンの設定温度を下げたり遮光カーテンを引くなどの対策をしても、「電気代がかかるわりには、目に見えて大きく室温が下がらない」と感じていませんか?
なぜなら、熱線(紫外線や赤外線)を窓でシャットアウトしないと、日射は透過して部屋に入り込んでいるのです。そのため、どんどんエアコンの設定温度を下げてしまうはめになってしまいます。実は、夏場の省エネ・節電対策にも、ウインドウフィルムが大きく貢献します。


ウインドウフィルムでエアコンの設定温度を2℃上げましょう!

エアコンの設定温度を、従来より1~2度上げても快適性を維持するために、ウインドウフィルムが最適です。
実験結果では、3M Nanoシリーズを貼った窓は、ピーク時の温度上昇を劇的に防げることがわかっており、貼っていない窓との温度差は6度というデータがあります。(下図を参照)
つまり、熱線をカットするウインドウフィルムは、夏の日射のピーク時でも温度が上昇しない効果を持つ事が、お分かりいただけると思います。

※さらに、冬場においては、熱が外へ逃げにくいため暖房効率が上がります。

温度差グラフ

 

コンテンツ
  • ウインドウフィルムウインドウフィルムの優れた特徴
  • ウインドウフィルムの活用例
  • ダイノックフィルムダイノックフィルムで生まれ変わる
  • お問い合わせ 企業様お問合わせ 個人様お問合わせ

ページトップ